TEL LINE

手の痛み『手の専門外来』 | 三重県鈴鹿のおおえのき接骨院

ドケルパン病・ばね指専門外来

手の痛みについて

手の痛みについて

その症状、気になりませんか?

「放っとけば治るから」「気になるけど、痛くないから」

だんだん痛みが強くなり、指が動かしにくく生活や仕事に支障が出る可能性があります。

この外来はばね指ドケルバン病(腱鞘炎)に特化した専門外来です。

一度、本気で向き合ってみませんか?

おおえのき接骨院「ばね指・腱鞘炎専門外来」

接骨院において多く遭遇する、「ばね指」「ドケルバン病(腱鞘炎)
患者様でも知っている方も多いかもしれません。

しかし、ご自身で判断したが為に治療のタイミングが遅れ、リハビリに苦労するケースも少なくありません。

そんな困っている患者様を正しい処置と王道の施術によって救うべく

特化した専門外来を開設致しました。

適応疾患

ばね指

弾発指(ばね指)

日常生活や仕事で物をたくさん持ったり、握ったりすることにより腱と腱鞘(腱の通り道)がこすれて炎症します。
繰り返す炎症により腱や腱鞘が肥厚し、曲げ伸ばしが痛くなり、場合によっては指が曲がったまま伸びなくなります。
放っておいてもあまり改善せず、ひどくなってから医療機関を受診するケースが多いです。

 

ドケルバン病

ド・ケルバン病

親指の使い過ぎによる腱鞘炎です。親指のつけ根辺りに痛みを生じます。
使い過ぎだけではなく、産後や閉経後などのホルモンバランスにも影響を受ける為、女性に多いのが特徴です。
自然に治る場合もありますが、多くは強烈な痛みで生活が不便になり、治療が必要になるケースが多いです。

 

早期の適切な処置が重要です。

手の固定

 

ばね指やドケルバン病は十分な安静の期間を設けることで、症状の改善が見込めます。
テーピングやサポーターは簡単ですが、固定力が不足し十分な安静・固定が出来ません。
当院では出来る限り日常生活を可能にする、独自のスプリント固定やギプス固定の処置が得意です。
他院で改善しなかった症状も改善できる可能性があります。

 

充実の治療内容

手のエコー検査

エコー検査

初回検査時や経過観察にエコーによる観察を用います。
感覚や触っただけでは分からない患部の状態を観察することで、詳細な病期評価や施術の判断が出来ます。

 

 

体外衝撃波体外衝撃波

ショックウェーブ治療

腱の痛みや障害に有効な治療効果が期待できます。
当院の足専門外来や難治性疼痛外来でも多くの好成績を収めています。
特にばね指での腱や腱鞘の肥厚の改善に有効です。

 

 

メディセル指にメディセル

メディセル治療

皮膚表面を吸引することで組織の間にある「筋膜」の滑走性を向上し、ストレッチ性の向上や患部へのストレスを軽減することが出来ます。
特にドケルバン病に有効で、親指を握る際の痛みの軽減が期待できます。

 

 

ハイボルテージ治療

ハイボルテージ治療

痛みや炎症を取る即効性のある特別電気治療です。
当院では指に限らず、様々な症状でほとんどの患者様に施術しています。
早期に痛みが取れるとその後のリハビリや日常生活もしやすくなり有効です。

 

 

超音波治療

超音波治療

超音波の刺激により温熱効果での血流促進、組織の柔軟性獲得、痛みの軽減に有効です。
比較的低刺激で、痛いのが苦手な方でも施術出来ます。

 

 

固定処置

固定処置

ばね指や腱鞘炎において患部の安静・固定は早期の症状改善に必要不可欠です。
市販のサポーターやテーピングでは、便利ですが固定力が不十分です。
ばね指のMP Extension Block Splint
ドケルバン病の「母指キャスト固定」

当院の誇る固定技術で、外部向けセミナーで全国の接骨院の先生への指導も行っています。

 

 

鍼治療

(ハリ)治療

定期的なリハビリをしてもなかなか症状が改善しない場合、日常生活での使い過ぎのほかに、女性ホルモンの乱れが考えられます。
鍼治療によって女性ホルモンの調整や、体調・体質の改善が期待できます。
鍼は髪の毛より細く、痛みもほとんど無い為、はじめての方でもお気軽にご相談ください。

専門医へのご紹介も出来ます

専門医へのご紹介もできます

・仕事や日常生活での負担を軽減できない
・当院での施術で改善しない
・出産直後や閉経後の発症でホルモンバランスの乱れが考えられる

など、改善が難しい場合でも専門医へ紹介することができますのでご安心ください。

実際の症例

50代女性、右中指ばね指症状

初回検査時

初回検査時

右中指の付け根にコリコリする硬結(シコリ)を触れ、把持動作や自転車のブレーキを握る際に指が曲がったままになり、伸ばす際に弾発症状を認める。
エコーやその他の検査によりばね指の病期分類でグレード3と評価。
スプリント固定、ショックウェーブ治療、運動
療法開始する。

 

 

固定開始から3週目

固定開始から3週目

1週間に1回程度のショックウェーブ治療をはじめ、根気強く運動療法や手技療法行うことで、
エコーでの炎症反応が減少傾向となっている。

スプリント固定は水仕事や入浴以外では装着を指示。固定により弾発症状を防ぎつつ運動することが出来る為、自宅での運動の指示も継続して頂けた。

 

固定開始から8週目

固定開始から8週目

エコー短軸像での炎症症状は消失しているように思われ、日常生活での痛みによる支障も少なくなっている。
弾発症状や触診により、ばね指の病期分類はグレード2に改善していると評価。

固定の頻度を徐々に減らし、弾発症状への恐怖心を克服できるよう患者自身での運動を促す。
治療継続し、経過観察中。

料金(健康保険外治療)

ばね指・腱鞘炎外来(予約優先制)

初回料金(お試し料金) 5,000
※問診、エコー検査、手技療法、運動療法、ショックウェーブ治療
2回目以降 4,000円
※手技療法、運動療法、経過により随時エコー検査実施
※ショックウェーブ治療は必要に応じて適宜実施
回数券 週に1回程度の来院の場合
→10回券 38,000円(1回あたり3,800円)

週に2,3回程度来院できる場合
→20回券 70,000円(1回あたり3,500円)

※ばね指、ドケルバン病は経過によって2~3ヵ月治療期間必要

固定費用
(材料費、技術費用)
ばね指「MP Extension Block Splint」約6~8週程度 1,500円
ドケルバン病「母指キャスト固定」約1週間程度 2,000円
※初回時に必要と判断した場合のみ
※固定期間は経過により変化
物理療法 ショックウェーブ治療 施術料金込み
超音波治療 施術料金込み
ハイボルテージ治療 1,200円
メディセル治療 1,200円