2018.12.26更新

 

 

いよいよ年末ですね。
おおえのき接骨院糸毛です。

 


お正月といえばお餅。
お餅の事故は毎年多いですね。
接骨院でもデイサービスでも
高齢者の方とよく関わらせて
いただいているので少し心配です。

 

よーーく噛んで食べてくださいね!!

 

 

 

お餅はよく噛まないといけないですが、
お餅以外はそんなに噛まなくても良い?

 


いえいえ、違います。

 

 

噛むということはどれだけ
大切なことなのかお届けしたいと思います。

 

 

 

昔の玄米や干物をよく食べていた
時代に比べて今はスパゲッティやハンバーグなど

そんなに噛まなくてもよい食事になってきており、

現代人の咀嚼は昔の人の6分の1になってきています。

 グラフ

 

 

 

その結果、あごの成長発達の障害や
虫歯や肥満など噛まないことによって
起きる健康問題が懸念されています。

 

 

 


「ひみこの歯がいーぜ」

これは日本咀嚼学会が提案する
噛むことの効用を表したことばです!

 ひみこ

 

 

 

 


「ひ」肥満を防ぐ
よく噛むと脳にある満腹中枢が働いて、
食べ過ぎを防ぐことができます。

 


「み」味覚の発達
よく噛むと、食べ物本来の味がわかります。

人は濃い味にすぐ慣れてしまいます。
できるだけ薄味にして生活習慣の
予防をしましょう。

 


「こ」言葉の発音がはっきり
よく噛むことは、口の周りの筋肉を使うので

表情がとても豊かになります。

 


「の」脳の発達
よく噛む運動は脳を活性化します。
子供の知育を助け、高齢者の認知症の予防になります。

 


「は」歯の病気を防ぐ
よく噛むことで唾液がたくさん出て
虫歯の予防や歯周病を防ぎます。

 

「が」がんを防ぐ
唾液に含まれる酵素には発がん物質の
発がん作用を消す働きがあるといわれています。

 

「い」胃の働きを促進する
よく噛むと消化酵素がたくさん出ますが、
食べのものがきちんと咀嚼されていないと
胃腸障害や栄養の偏りの原因となります。

 

 

「ぜ」全身の体力向上と全力投球
〝ここ一番〃 で、力が必要なとき
ぐっと力を入れて噛み締めたいときに
力を入れるには丈夫な歯が必要です

 

噛む 

一口に30回以上噛むのが目安です(^_^)
難しいことばかりは続きません。
身近で簡単にできることから実践して
いけるといいですね♩

 

  • おおえのき接骨院
セミナー・ギプス塾専用サイトバナー
  • おおえのき接骨院
  • おおえのき接骨院ってこんなところ
  • 訪問鍼灸リハビリ
  • 訪問鍼灸リハビリ
  • 訪問鍼灸リハビリご利用の流れ
  • ご利用料金について
  • デイサービス
  • おおえのき接骨院デイサービス
  • デイサービスりーふのご案内
  • デイサービス住吉のご案内
  • サービス付高齢者住宅
  • デイサービスの一日
  • リハビリ利用者様のご案内
  • ご利用料金について
  • 居宅介護支援事業所
  • 介護のお悩みありませんか
  • ケアマネージャーのお仕事とは
  • 会社案内
  • 院へのアクセス
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • 勉強会
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 個人情報保護方針
鈴鹿市交通事故治療ガイド
グランデ接骨院
おおえのき接骨院 品川院
entreiner エントレイナー
楽トレメニュー
突発性難聴
日本柔整外傷協会
鈴鹿アンリミテッドFC
院長ブログ
スタッフブログ
掲載メディア情報