2018.11.02更新

 

こんにちは、尾崎です!!

10月27日に自分の母校である鈴鹿高校野球部で啓蒙活動をしてきました!

まず啓蒙活動の目的はなんなのか?

 

選手、監督、コーチに怪我の知識を持ってもらうこと

「痛い」と言える環境作り

早期発見 予防     です。

ああ

 

海外と比べると日本の野球は

・練習時間が長い

・休みの日が少ない

・選手ファーストじゃない

こういうことが挙げられています。

 

確かに練習をすれば上手くなるとは思いますが、練習時間が長くて身体を休められる期間が少ないとケアをする時間がなくて怪我をするリスクを高めてしまうだけです!

 

みなさん、OCDて聞いたことありますか?

OCD=離断性骨軟骨炎

といいます。


あ

これは肘の外側が痛くなることで骨と骨がぶつかって、壊死といって骨自体が壊れてしまうことです。

OCDになると、手術が必要になってしまう場合があります。

手術になると完治するまでに一年以上かかってしまい、復帰するのがかなり遅くなり出たい試合などに出られなくなるかもしれません。

 このOCDを見つけることが啓蒙活動の一番の目的とも一般的に言われています!!

ではならないためにはどうしたらいいのか?

 

まずは怪我の知識を持つことです!!

野球をやるだけは誰でも出来ます。 こういう怪我にならないためにも自分の身体の状態を日々確認することや「痛い」という身体の反応に敏感になることが重要だなと自分は思います。

今回は自分の母校でこの啓蒙活動を出来ていろんな勉強にもなりましたし、なにより良い経験になりました!

実際にもトレーナーでいったときに色々怪我のことやトレーニングのことなど聞いてくれる子が多くなって、啓蒙活動の重要さを自分で感じれることができて良かったです!!

 

選手が好きなスポーツを楽しんでプレーできるように自分たちはこのような活動を無料で行なっています。 

選手に

   楽しんでプレーしてもらいたい

   怪我の知識を持ってもらいたい

   意識を上げて欲しい

このような思いがある方はぜひおおえのき接骨院に連絡してください!!!

  

おおえのき接骨院 尾崎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • おおえのき接骨院
セミナー・ギプス塾専用サイトバナー
  • おおえのき接骨院
  • おおえのき接骨院ってこんなところ
  • 会社案内
  • 院へのアクセス
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • 勉強会
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 個人情報保護方針
鈴鹿市交通事故治療ガイド
グランデ接骨院
おおえのき接骨院 品川院
院長ブログ
スタッフブログ
掲載メディア情報