当院は、お一人お一人に丁寧な問診、最新の機器による検査を行っております。
痛みの状態、お悩み、何でもお話下さい。 ご納得いただけるまでわかりやすくご説明致します。
治療は、必ず患者様の同意を得てから行いますので、安心です。

治療の流れについて詳しくはこちら→

 おおえのき接骨院には、スポーツ愛好家、小・中学生や高校生、プロリーグの患者様も多数来院されています。

スポーツ障害とは、スポーツによってくり返される過度の負担が積み重ねが原因となって、痛みを主とした慢性症状が生じた状態を指します。
軽いものは運動時のみの痛みですが、重症になると日常生活にも困難を伴うようになります。

よく名前の知られているスポーツ障害には、疲労骨折・投球障害肩・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝・骨端症などがあります。

このスポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があります。
例えば、小児の場合は骨の成長がまだ進行しつつある段階であるために骨端線(骨幹線)が弱く、そこにストレスが加わることにより炎症をおこしたり、骨が癒合せずに分離したままになる骨端症などになりやすい傾向にあります。

スポーツ外傷・障害で大切な事

1.しっかりと原因を見極めます

スポーツ外傷・障害で最も大切な事は、初期鑑別診断と初期治療処置です。

おおえのき接骨院では、四日市冨田浜病院10年勤務した院長の臨床経験と技術(ギプス巻き・テーピング・装具の作成)を用いて、初期治療を的確・迅速に行うことにより大幅に治療時間が短縮し、的確な治癒に向かいます。

当院の初期鑑別診断には、骨以外にも靱帯・腱も視察可能な超音波観察装置を使用し、経験的知識とあわせて、的確な判断をしていきます。

2.しっかり、確実に患部を固定します

初期治療処置である、完璧な固定は最も重要になってきます。
ここでの選択をあやふやにしてしまったら、慢性的な後遺症痛や関節の痛みが残りやすくなってしまいます。
内出血を伴う場合や接地困難な足関節の捻挫も、テーピングのみやサポーター固定だけでは、時間の経過とともに痛みは緩和しますが、関節の緩みが残ったり、慢性的な腫れなどが残ってしまいます。
よく、捻挫が癖になるといいますが、このような中途半端な固定が行われているからでしょう。

当院では、固定する時はしっかりギプスで固定し、松葉杖で免荷することにより、確実に治していきます。
このギプス固定にもこだわりがあります。

3.必要ならば病院も紹介します

当院では、精密検査や手術的な治療・処置が必要と判断した時は、院長が病院勤務時代にお世話になり、大変信頼している総合病院医師へのご紹介を行っています。

4.「治った」「大丈夫」の自己判断は危険です

 スポーツ選手の場合、ある程度自分の体の悪いところを知っているのに、放置していることがあります。
実際、私も肩の脱臼、膝の靱帯損傷など、スポーツ選手として危険な外傷を受けた後、正しいリハビリを受けなかったために、慢性的な痛みに苦しんでいる方を見てきました。

これは、最初の治療をしっかり行えば防げたものですが、個人の判断で中途半端な対処しかしなかったために起こってしまったのです。

十分に治っていない古傷があると、その古傷が次の大きな外傷を引き起こす可能性はとても高くなってしまいます。

「忙しい」、「そんなに痛くない」を理由に、医療機関を受診しないのはよくありません。
早期の治療をお勧めします。

おおえのき接骨院のスポーツ障害・外傷治療

おおえのき接骨院では、最新物理機器や、油圧式マシーン、施術者によるマンツーマン治療に加え、スポーツの復帰に向けた自宅での自主訓練・セルフケアー指導など、競技に最短で確実に復帰できる治療計画をご提案していきます。

特に、スポーツ障害に対してはさまざまな理学療法を行っております。

運動療法

運動療法は機能回復を目的としています。

例えば膝の場合では、足の筋肉を強化し、膝をしっかり支える『筋肉のサポーター』をつくり、次に膝を動かして軟骨への栄養補給をよくします。
そうなることで、関節液が適度に補充され、軟骨に栄養がいきわたります。すると、痛みが解消され膝の機能回復が期待できます。

もし、症状が進んでいたとしても、薬物療法(薬で痛みや炎症を抑える療法)や物理療法(温めたり冷やしたり、電気をかけたりして痛みを軽減する療法)で痛みを軽減しながら、運動療法で筋肉を鍛えていけば、効果はしっかりと出ます。

この運動療法で一番大切なのは言うまでもなく、継続させることです。

運動療法といいますが、何もジムへ行ってガンガン鍛える必要はありません。
お風呂で温まった膝をストレッチするのもいいですし、寝転んで足上げをするだけでも筋肉は鍛えられますし(仰向けに寝て足上げをすれば腿の前面が、うつ伏せでは後面、横向きで外側)、テレビを見ながら膝にボールを挟むだけで腿の内側を鍛えることができます。

継続させることが前提ですが、筋肉は頑丈なサポーターになります。

また、運動は全身の代謝もよくしてくれるので、痛みの為の沈鬱な気分もきっと快活に変えてくれるはずです。

今痛みで悩んでいる方も、昔のケガが心配な方も、積極的な治療を心がけ、健康な体を取り戻しましょう!

柔軟体操(ストレッチ)の重要性

使い古した輪ゴムを伸ばすとバチンと切れてしまうように、哀しいかな、我々の筋肉も年々柔軟性が乏しくなってしまいます。

「以前なら、ちょっとした段差でつまずいても、反射的に脚が出て難を逃れられていたのに・・・。」
という、患者さんの嘆きの声をよく耳にします。

これは、ふくらはぎの筋肉が衰えて硬くなり、つま先が上がりづらくなってしまい、些細な障害物にもひっかかってしまうからなのです。

硬くなった筋肉を柔らかくするには、柔軟体操(ストレッチ)がお勧めです。

柔軟体操(ストレッチ)は身体的障害のある方や手術をした直後でなければ、誰でも行えるものです。
最近では、朝のラジオ体操や地区センターなどでも指導していますね。
学生の時を思い返してやってみるのもいいでしょう。

他にもこんな効果が柔軟体操(ストレッチ)にはあります

  1. 筋肉の緊張を和らげ、より一層のリラックス感が得られる。
  2. 体の動く範囲(可動域)が大きくなる。
  3. 以前より動作が楽にできるようになる。
  4. スポーツ障害を予防できる。
  5. 人と競う事なく、自分のペースで行えるのと同時に、長期的にみると必ず成果がある。
  6. 血液の循環を促進させる。
  7. その部分(筋肉)に意識を集中して行うのでスポーツをする時や何か動作をしようとする時に筋肉にシグナルを送る事ができ、自分の体全体を理解できるようになる。 例えば椅子から 立ち上がる際に、俗に言うギックリ腰になりづらくなる。 
  8. 適度な運動量があり、気分が爽快になる。
  9. 柔軟体操をしている人でケガをする人はめったにいない。

スポーツ外傷 症例報告

スポーツ外傷 高校生のラグビー部員の事例

高校の部活動、ラグビーにて受傷し、顧問の先生に勧められて、当院スポーツ外来を受診されました。

高校でラグビーをされており、ラグビー中に左小指を相手と接触した際にぶつけて負傷しました。
当院エコーにて骨折が分かったため、ギプス固定を行い、ズレを防ぎました。

ただちに当院と連携している総合病院の医師に診察を依頼し、受診。

病院での3DCTにより、小指の骨折の詳細がわかりました。
その後、当院にてリハビリを行い、ラグビーに復帰されました。

‐患者さんより‐

高校から近いので、いつも痛くなったらすぐに治療してもらえる。
病院と連携しており、今回のように大きなケガの骨折にも対応できる接骨院なので、安心。その後のリハビリもスポーツ復帰まで診てくれるので心強い。
リハビリ中は無料のトレーニング室で、他の部分も鍛えられたので、パワーアップして復帰できた。

橈骨下端骨折(手首の骨)の事例

サッカー中に手をつき負傷。
救急夜間受診で当院エコー観察後、骨折徒手整復術骨を(良い位置にする)とギプスシーネ固定施術しました。

受傷時、骨は大きく転位(ずれている)して、大変痛いので骨を本来の位置に戻す整復術おこないました。
院長は四日市富田浜病院勤務時代10年間と3年間神戸市治療院で各関節症例の整復固定を700件以上経験しています。

来院時、手首は変形して、骨が骨折して、曲がっています。

骨を整復(本来の位置に戻す)いわゆるほねつぎを素早く、確実に行いました。

ギプス固定し、次の日連携している総合病院紹介・受診して、骨にずれがない為に手術せずに治す方針となりました。
4週間ギプスで固定しました。

4週間後、ギプスが取れてレントゲン確認をし、サッカー復帰されました。
変形、後遺症、痛みも全くなく、完治しました。

足首の靱帯部分断裂の事例

足首の靱帯部分断裂の施術例です。
2週間ギプス固定をしました。

2週間後スポーツ復帰されました。
その後、痛み、後遺症はなく現在に至っています。

当院は回復力の速い全国でも巻く先生が数院しかない、最新のプラスチックヒール付ギプスにて、足首の靱帯損傷を確実に短期間でスポーツ復帰できます。
院長はギプスを病院勤務時代に700件、開業してから年間70-90件経験ありますので安心です。

このギプスは保存最高峰の治療で、豊富な技術力が必要です。

21歳女子大生(ソフトボール 大学全国2位)

2日前、県外のソフトボールの試合にて
受傷しました。
緊急だったので、X-p(レントゲン)検査のみ行いましたが、骨折はしていませんでした。

走れない状態でしたが、将来プロになりたかった為練習を続けていましたが痛みが強かったので、受傷から3日後に当院へ来られました。

足の靱帯を断裂していましたので、
ギプス巻きを施行することになりました。

ギプスは、かかと付きにすることで、
筋力低下を予防したり、靱帯強度が増すので、早期復帰が可能です。

当院の高度な手技も合わせて行うことで、より早い復帰が実現できます。

受傷から3週間後の写真です。

この頃にはギプスを外し、サポーターで生活できるようになりました。
スポーツはランニング程度ならOKです。

出血班が消失し、圧痛がなくなりました。

小学4年生

この子は、ジャンプをして着地をした時に足を捻ってしまいました。

2週間ギプスで固定をし、施術を行った結果、
痛みがなくなり、思っていたより早く運動ができるようになりました。

サッカーで足を内側にひねるケガ (小学6年生)

10日後に大切な大会があるが、足の痛みで寝付けなくて、何とか治してほしいと思って受診しました。

 症状としては、エコー画像にて、「骨端線損傷あり」足をつけれるヒール付のギブスを巻きました。

固定+体重荷重できることで短期間で痛みがとれ、予定通り7日でギブス除去できました。
10日後大会にて復帰することが出来ました。

【お母様の感想です。】
おおえのき接骨院は、クラブのチームでケガをした人から「早く確実に治るから」とすすめられました。多くのママ友や監督からも聞いいたので来院しました。
検査、固定、その後のリハビリと更に専門のトレーニング機器での訓練や
先生の栄養指導などすべてサポートしてくれたので来たよかったです。

ありがとうございました。

足関節背側の腱炎と距骨骨挫傷

 私はランポーレ鈴鹿FC所属しています。

おおえのき接骨院さんは専属のトレーナーで、
毎日コンディションをグランドで管理してもらっていますが、ケガをしたときは、接骨院で集中的に治療をしてもらっています。
安心して思いっきりプレーできる原動力となっていますので、これからもよろしくお願いします。

来年は絶対優勝して、Jへ昇格目指します。

『先生から』
総合病院で精密検査を依頼して、連携して治療しています。足関節背側の腱炎と距骨骨挫傷で、ベッカム・イチローと同機種の最新治療機器ハイボルテージをしています。
10日間で復帰しました。