鈴鹿市 おおえのき接骨院では、ケガをされたお一人お一人に丁寧な問診、最新の機器による検査を行っております。
痛みの状態、お悩み、何でもお話下さい。 ご納得いただけるまでわかりやすくご説明致します。
治療は、必ず患者様の同意を得てから行いますので、安心です。

鈴鹿市 おおえのき接骨院 治療の流れについて詳しくはこちら→

 鈴鹿市 おおえのき接骨院には、鈴鹿市内にとどまらず市外・県外からもスポーツ愛好家、小・中学生や高校生、プロリーグの患者様も多数来院されています。

スポーツ障害とは、スポーツによってくり返される過度の負担が積み重ねが原因となって、痛みを主とした慢性症状が生じた状態を指します。
軽いものは運動時のみの痛みですが、重症になると日常生活にも困難を伴うようになります。

よく名前の知られているスポーツ障害には、疲労骨折・投球障害肩・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝・骨端症などがあります。

このスポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があります。
例えば、小児の場合は骨の成長がまだ進行しつつある段階であるために骨端線(骨幹線)が弱く、そこにストレスが加わることにより炎症をおこしたり、骨が癒合せずに分離したままになる骨端症などになりやすい傾向にあります。

スポーツ外傷・障害で大切な事

1.しっかりと原因を見極めます

スポーツ外傷・障害で最も大切な事は、初期鑑別診断と初期治療処置です。

鈴鹿市 おおえのき接骨院では、四日市冨田浜病院10年勤務した院長の臨床経験と技術(ギプス巻き・テーピング・装具の作成)を用いて、骨折・捻挫・脱臼・打撲などのケガに対しての初期治療を的確・迅速に行うことにより大幅に治療時間が短縮し、的確な治癒に向かいます。

鈴鹿市 おおえのき接骨院の初期鑑別診断には、骨以外にも靱帯・腱も視察可能な超音波観察装置を使用し、経験的知識とあわせて、的確な判断をしていきます。

2.しっかり、確実に患部を固定します

初期治療処置である、完璧な固定は最も重要になってきます。
ここでの選択をあやふやにしてしまったら、慢性的な後遺症痛や関節の痛みが残りやすくなってしまいます。
内出血を伴う場合や接地困難な足関節の捻挫も、テーピングのみやサポーター固定だけでは、時間の経過とともに痛みは緩和しますが、関節の緩みが残ったり、慢性的な腫れなどが残ってしまいます。
よく、捻挫が癖になるといいますが、このような中途半端な固定が行われているからでしょう。

鈴鹿 おおえのき接骨院では、固定する時はしっかりギプスで固定し、松葉杖で免荷することにより、確実に治していきます。
このギプス固定にもこだわりがあります。

3.必要ならば病院も紹介します

鈴鹿市 おおえのき接骨院では、精密検査や手術的な治療・処置が必要と判断した時は、院長が病院勤務時代にお世話になり、大変信頼している総合病院医師へのご紹介を行っています。

4.「治った」「大丈夫」の自己判断は危険です

 スポーツ選手の場合、ある程度自分の体の悪いところを知っているのに、放置していることがあります。
実際、私も肩の脱臼、膝の靱帯損傷など、スポーツ選手として危険な外傷を受けた後、正しいリハビリを受けなかったために、慢性的な痛みに苦しんでいる方を見てきました。

これは、最初の治療をしっかり行えば防げたものですが、個人の判断で中途半端な対処しかしなかったために起こってしまったのです。

十分に治っていない古傷があると、その古傷が次の大きな外傷を引き起こす可能性はとても高くなってしまいます。

「忙しい」、「そんなに痛くない」を理由に、医療機関を受診しないのはよくありません。
早期の治療をお勧めします。

鈴鹿市 おおえのき接骨院 スポーツ外傷 症例報告

鈴鹿市 おおえのき接骨院では、最新物理機器や、油圧式マシーン、施術者によるマンツーマン治療に加え、スポーツの復帰に向けた自宅での自主訓練・セルフケアー指導など、競技に最短で確実に復帰できる治療計画をご提案していきます。

鈴鹿市 おおえのき接骨院ではさまざまな、スポーツ障害に対して治療を行い、スポーツへの早期復帰を支援しています!

親指の捻挫 靭帯損傷

 

PI)6/8にバスケットボールが母指に当たり母指MP伸展内転矯正。

PS)swelling+ 母指LCL、掌側板部tenderness + stress testは外反時と伸展時pain+でinstability- G-power Rt 48 Lt 20

 

受傷当日他院へ受診。XPにて骨損- 処置は投薬と湿布


痛みが中々引かない為、当院受診。

母指のLCLと掌側板の損傷で母指キャストを巻きました。


医師からは骨折ないから大丈夫だねと言われ1wそのままで仕事も痛みの中、
工場での作業を行っておられました。

キャスト固定の話をすると巻いて下さいと本人も強く望まれましたので

1wたっていますがキャストで固定。

1w後取り外し状態を見てROM訓練やハイボルテージをおこなっていく予定です。 

‐患者さんより‐

他の院で診てもらったけど、物が持てないほど痛いので鈴鹿市 おおえのき接骨院で診てもらいました。
中途半端な固定より、どっちみち痛くて使えないので、ギプスをしてもらいました。
ギブスしたままでも物が掴めるので、出来る仕事をしていました。
一週間後は痛みが取れて今は握力も戻りました。

肘関節靭帯損傷

CC)右肘痛

PI)自転車で転倒し手を着き受傷

PS) MCL tenderness + swelling− 外反ストレス+

前日に他院でレントゲン常なし。 3〜4週間の安静。

お母さんのニーズは「3週間安静にしている間に何かできることはないか。10日後は大会で中途半端は嫌なのでしっかり治し切ってから空手をやらせたい。」とのことでした。

そこでこちらの提案は「競技が空手なのどちらにせよ、今は痛くて手は使えない。それならば1週間しっかり固定して、きちんと治しましょう!」

ということで再受傷のリスクも考えギプスを巻きました。


今回の場合はスポーツがサッカーだったり、スポーツをしていない大人の方だったらギプスではなくサポーターでした。

鈴鹿市 おおえのき接骨院ではリスク管理ができているか、(自分で管理できる年齢か、性格か)、患者さんの意思に反していないか、など
セオリーだけでなく柔軟な対応をしています!

 

‐お母さんより‐

湿布だけの処置では子供が不安で痛いと言っていたのでどうしたらいいのかと悩んでいたところ
鈴鹿市 おおえのき接骨院を紹介してもらいました。しっかりした固定をして痛みが取れ、大会に間に合い良かったです。

スポーツ外傷 高校生のラグビー部員の事例

高校の部活動、ラグビーにて受傷し、顧問の先生に勧められて、当院スポーツ外来を受診されました。

鈴鹿市の高校でラグビーをされており、ラグビー中に左小指を相手と接触した際にぶつけて負傷しました。
鈴鹿市 おおえのき接骨院のエコーにて骨折が分かったため、ギプス固定を行い、ズレを防ぎました。

ただちに当院と連携している総合病院の医師に診察を依頼し、受診。

病院での3DCTにより、小指の骨折の詳細がわかりました。
その後、当院にてリハビリを行い、ラグビーに復帰されました。

‐患者さんより‐

高校から近いので、いつも痛くなったらすぐに治療してもらえる。
鈴鹿市 おおえのき接骨院は病院と連携しており、今回のように大きなケガの骨折にも対応できる接骨院なので安心。

その後のリハビリもスポーツ復帰まで診てくれるので心強い。リハビリ中は無料のトレーニング室で、他の部分も鍛えられたので、パワーアップして復帰できた。

橈骨下端骨折(手首の骨)の事例

サッカー中に手をつき負傷。
救急夜間受診で当院エコー観察後、骨折徒手整復術骨を(良い位置にする)とギプスシーネ固定施術しました。

受傷時、骨は大きく転位(ずれている)して、大変痛いので骨を本来の位置に戻す整復術おこないました。
鈴鹿市 おおえのき接骨院 院長は四日市富田浜病院勤務時代10年間と3年間神戸市治療院で各関節症例の整復固定を700件以上経験しています。

来院時、手首は変形して、骨が骨折して、曲がっています。

骨を整復(本来の位置に戻す)いわゆるほねつぎを素早く、確実に行いました。

ギプス固定し、次の日連携している総合病院紹介・受診して、骨にずれがない為に手術せずに治す方針となりました。
4週間ギプスで固定しました。

4週間後、ギプスが取れてレントゲン確認をし、サッカー復帰されました。
変形、後遺症、痛みも全くなく、完治しました。

足関節捻挫 靱帯部分断裂の事例①

 

高校3年生 男性 ラグビー部

CC)右足関節痛
 
PI)昨日(6・17)、練習中に相手と接触し上に乗られた際に外反強制されCC出現

PS)遠位脛腓lig(+) ATF・CF tenderness(-)二分lig・外果部 tenderness(-)

swelling(-) 皮下出血(-)gaitpain(+) 荷重は可背屈(-) 底屈(+)

オタワの法則 異常なし

  【治療経過と処置】

  鈴鹿市 おおえのき接骨院が派遣しているトレーナー先の高校生です。

  トレーナーをしているのでケガの早期処置に対する
  教育もしており、受傷後すぐに来院されました。

  捻挫・骨折も初期治療がすべてです。

  初期にいい加減な我流の固定や技術的にギプスの巻けない
  接骨院でのテーピング処置だけでは靭帯に緩みができます。
  しっかりとした外傷の早期治療をお勧めします。

  一週間から10日で『足をつけるヒール付ギブス固定』をして
  除去後直後から歩行できるので、徐々に現場復帰させていきます。

‐患者さんより‐

鈴鹿市 おおえのき接骨院からトレーナーに毎週来てくれている先生なので、ケガをして迷わず来ました。

先生からケガをしたら、すぐに来るようにと言われていました。

早く来てよかったです。ギプスをしたまま歩けるので治るまでみんなのサポートをしています。

足関節捻挫 靱帯部分断裂の事例②

足首の靱帯部分断裂の施術例です。
2週間ギプス固定をしました。

2週間後スポーツ復帰されました。
その後、痛み、後遺症はなく現在に至っています。

鈴鹿市 おおえのき接骨院は回復力の速い全国でも巻く先生が数院しかない、最新のプラスチックヒール付ギプスにて、足首の靱帯損傷を確実に短期間でスポーツ復帰できます。
鈴鹿市 おおえのき接骨院 院長はギプスを病院勤務時代に700件、開業してから年間70-90件経験ありますので安心です。

このギプスは保存最高峰の治療で、豊富な技術力が必要です。

21歳女子大生(ソフトボール 大学全国2位)

2日前、県外のソフトボールの試合にて
受傷しました。
緊急だったので、X-p(レントゲン)検査のみ行いましたが、骨折はしていませんでした。

走れない状態でしたが、将来プロになりたかった為練習を続けていましたが痛みが強かったので、受傷から3日後に当院へ来られました。

足の靱帯を断裂していましたので、
ギプス巻きを施行することになりました。

ギプスは、かかと付きにすることで、
筋力低下を予防したり、靱帯強度が増すので、早期復帰が可能です。

当院の高度な手技も合わせて行うことで、より早い復帰が実現できます。

受傷から3週間後の写真です。

この頃にはギプスを外し、サポーターで生活できるようになりました。
スポーツはランニング程度ならOKです。

出血班が消失し、圧痛がなくなりました。

小学4年生

この子は、ジャンプをして着地をした時に足を捻ってしまいました。

2週間ギプスで固定をし、施術を行った結果、
痛みがなくなり、思っていたより早く運動ができるようになりました。

サッカーで足を内側にひねるケガ (小学6年生)

10日後に大切な大会があるが、足の痛みで寝付けなくて、何とか治してほしいと思って受診しました。

 症状としては、エコー画像にて、「骨端線損傷あり」足をつけれるヒール付のギブスを巻きました。

固定+体重荷重できることで短期間で痛みがとれ、予定通り7日でギブス除去できました。
10日後大会にて復帰することが出来ました。

【お母様の感想です。】
おおえのき接骨院は、クラブのチームでケガをした人から「早く確実に治るから」とすすめられました。多くのママ友や監督からも聞いいたので来院しました。
検査、固定、その後のリハビリと更に専門のトレーニング機器での訓練や
先生の栄養指導などすべてサポートしてくれたので来たよかったです。

ありがとうございました。

足関節背側の腱炎と距骨骨挫傷

 私はランポーレ鈴鹿FC所属しています。

おおえのき接骨院さんは専属のトレーナーで、
毎日コンディションをグランドで管理してもらっていますが、ケガをしたときは、接骨院で集中的に治療をしてもらっています。
安心して思いっきりプレーできる原動力となっていますので、これからもよろしくお願いします。

来年は絶対優勝して、Jへ昇格目指します。

『先生から』
総合病院で精密検査を依頼して、連携して治療しています。足関節背側の腱炎と距骨骨挫傷で、ベッカム・イチローと同機種の最新治療機器ハイボルテージをしています。
10日間で復帰しました。

  • おおえのき接骨院
セミナー・ギプス塾専用サイトバナー
  • おおえのき接骨院
  • おおえのき接骨院ってこんなところ
  • 腰の痛み
  • 肩・背中の痛み
  • 膝の痛み
  • 交通事故
  • スポーツ外傷
  • 個説・手当・ギプス固定
  • 設備紹介
  • 治療の流れ
  • トレーニングルーム
  • 患者様の声
  • 訪問鍼灸リハビリ
  • 訪問鍼灸リハビリ
  • 訪問鍼灸リハビリご利用の流れ
  • ご利用料金について
  • デイサービス
  • おおえのき接骨院デイサービス
  • デイサービスりーふのご案内
  • デイサービス住吉のご案内
  • サービス付高齢者住宅
  • デイサービスの一日
  • リハビリ利用者様のご案内
  • ご利用料金について
  • 居宅介護支援事業所
  • 介護のお悩みありませんか
  • ケアマネージャーのお仕事とは
  • 会社案内
  • 院へのアクセス
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • 勉強会
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 個人情報保護方針
鈴鹿市交通事故治療ガイド
グランデ接骨院
おおえのき接骨院 品川院
entreiner エントレイナー
楽トレメニュー
突発性難聴
日本柔整外傷協会
鈴鹿アンリミテッドFC
院長ブログ
スタッフブログ
掲載メディア情報