おおえのき接骨院の訪問鍼灸リハビリは、ここが違う!

「耳鼻咽喉科医師の指導の下、嚥下の知識と技術も備えています」

おおえのき接骨院の訪問鍼灸リハビリスタッフは、耳鼻咽喉科医師のファイバースコープによる嚥下確認の下、嚥下訓練を受けております。
(写真左:当院スタッフの嚥下訓練の様子 写真右:医師による嚥下確認)

鍼灸師(訪問鍼灸スタッフ)も、医師の指導で培った嚥下の知識と技術をもって、患者様の嚥下障害にも対応しております。

訪問鍼灸リハビリって何??

おおえのき接骨院の訪問鍼灸リハビリは、寝たきり状態や自力での歩行が困難な方、慢性的な痛みを持っている方のご自宅、または施設に週1~3回程度訪問し、在宅で健康保険を利用したリハビリ鍼灸治療を行っております。
慢性期や維持期の方が在宅生活を続けていく為には、痛みの緩和や今できること(動作)の維持・改善、あるいは精神面のサポートが大切であると考えます。

施術で使う鍼は髪の毛ほどの細いものを使用しますので、注射針と違い、ほとんど痛みはありません。ツボへの刺激が気持ちいいとおっしゃる方も多いです。
また、鍼・受け皿はディスポ(使い捨て)製で、衛生管理も徹底しておりますので、ご安心下さい。

鍼は怖いから嫌だとおっしゃる方には、刺さない鍼を使用します。

訪問鍼灸リハビリ サービスの対象者・適応症状

適応症状・疾患例

神経痛 例)坐骨神経痛(おしりから足にかけてしびれる)
  三叉神経痛(顔面の一部にしびれを感じる)
  肋間神経痛(肋骨に沿った胸、背中が痛む)
  原因不明の身体の疼痛等 
リウマチ  
頚腕症候群  
五十肩 例)痛みのため肩が挙らない
  お風呂で背中が洗えない
  髪が結えない
  帯を結べない
  肩関節や上腕にかけての痛みがある等
腰痛症 例)腰やおしりの痛み、違和感等
頚椎捻挫後遺症 (むちうち症) 例)交通事故で後ろから車に衝突され、首に違和感がある
  過去にそのような事故があり、現在も痛みが残る
その他、慢性の疼痛・ 医師が診断した疾患 例)脳梗塞後遺症
  麻痺痛
  膝関節症など

上記疾患にご自身が当てはまるか判らない方は、当院までお気軽にご相談下さい。

※同じ病名で医師の治療を受けている場合は、保険取扱いが認められません。
例)現在整形外科に通院していて腰の電気治療やけん引治療を受けている方が腰痛で保険使った訪問鍼灸リハビリをご利用になりたい時は、整形外科の通院を中止していただく場合がございます。

このようなご要望にお応えします

少しでも動けるようになって、家族の負担を減らしたい
床ずれを防ぎたい
廃用症候群(筋萎縮・関節の硬化・床ずれ・おむつに頼ってしまうなど)を予防したい
杖や車椅子、介助に頼らず歩けるようになりたい
リハビリで回復した機能を自宅でも維持したい、回復に努めたい
どこにいっても痛みがとれない
動けないのでストレスがたまってしょうがない
外出できるようになりたい

など、患者様個々の条件、ご要望にお応えしていきます。

患者様とのコミュニケーションを円滑に図りながら、可動域改善による日常生活の向上やそれによるご家族の負担軽減、患者様及びご家族のストレスの軽減、認知症の予防などを目的とし、患者様のADL(日常生活動作)、QOL(生活の質)の向上に少しでも貢献したいと考えております。

また、おおえのき接骨院では訪問施術にあたり、医師をはじめ、看護師やOT(作業療法士)、PT(理学療法士)、ケアマネージャー、ヘルパーの皆様方にご理解いただき、関係機関と積極的に連携をとりながら、在宅医療・福祉チームの一員として介護サービスに貢献していきたいとも考えております。

ご不明な点がありましたら、お気軽にご質問下さい。

訪問鍼灸リハビリ フォトアルバム

施設でも医療保険を使った訪問マッサージ・訪問鍼灸リハビリができます。
施設で運動ができない方、痛みが辛い方は医療のプロが訪問にて解決の手助けを共にします。

慣れ親しんだご自分の家、庭での歩行訓練はリラックスして自然体で 出来るので患者さんも安心です。

K様・・脳梗塞後遺症にて、当院とは6年間お付き合いさせてもらっています。
K様『おおえのき接骨院の訪問の先生が来る日が楽しみ。』
中日ファンである院長に、今年はK様が愛する巨人が勝つと
『院長に今年はまた巨人が調子いいからごめんねーって言っといて』と伝言を受けます。

女性の先生もいます。やはりやさしい女性との会話はいくつになってもうれしいものです。

若い男前の元気な先生が多くいます。孫のような年齢差ですので、若いパワーを貰ってください。
医療マッサージなので再びもとの生活に戻れるように計画を立てて施術しています。

ご利用者様及びご家族の方・ケアマネージャー様・ケアワーカー様へ

  1. この訪問鍼灸リハビリは、医療サービス(医療保険)の為、ケアマネージャー様のケアプラン限度額を調整する必要はありません。
  2. 介護保険との併用が可能な為、訪問リハビリやデイサービス、デイケアとの併用も問題ありません
  3. 定期的に施術報告書を医師・ケアマネージャー様・ご家族にお渡しし、治療経過や効果を把握していただけるようにします。
    大切なご利用者様が、安心して施術を受けられるように努めてまいります。
  4. 医療保険が適用されますので、経済的負担が少なく、長期的慢性痛の管理に適します。
    ※障がい者・母子の方は医療福祉控除が適応されます。