2016.10.31更新

人気の為、売り切れ御免

当院院長が開発したサプリメント

のび太郎

予想を上回る売れ行きです。

 1

一体どんなサプリメントなの?

成長期に必要な栄養

骨を強くする「カルシウム

カルシウムの吸収を助ける「ビタミンD

成長ホルモンの分泌を促進すると言われている

アルギニン」や「オルニチン」、「シトルリン

 

これらを配合したサプリメントです。

成長期のお子さんをサポートさせて頂きます!

これで身長が伸びればうれしいですね!

私もあれば飲みたかった´д` ;

そして院で一番身長の低い糸毛先生も!

1

カルシウムの足りてない子や

お子さん以上に悩んでいる奥様、旦那様

お子さん成長線がとじるのはもうすぐかもしれません。

 

詳しくは直接来院して頂けましたら、

お話させて頂きます!

サプリメントだけ買いたい!という方も歓迎致します!

 

ちなみにヨーグルト味のタブレットなのでラムネ感覚で食べれます!

 1

 

 

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.26更新

私達は固唾をのんでその試合の実況を観ていました。

鈴鹿アンリミテッドFC VS 三菱水島FC

第52回 全国社会人サッカー選手権大会 決勝

が本日ありました。

1

 

仕事が終わりケータイを握りしめて

流れてくる情報に一つ一つ緊張していました。

 

1-1で延長

からの

2-1で三菱に勝ち越しを許し

後半ギリギリで

北野キャプテンが同点ゴール

鳥肌が立ちました。

 1

そしてPK戦!

・・・

結果は

3-5で、私たちが公式サポーターを務める

鈴鹿アンリミテッドFCは残念ながら負けてしまいました( ;∀;)

悔しいです。

悔しすぎる。

1

 

次回に期待するしかない。

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ

 

決勝リーグで上位2位がJFL昇格となります。

三重県初のプロサッカーチームを鈴鹿から!

皆様の応援も必要になります。

県外ですが一緒に応援しましょう!!

日程

予選リーグ 11月11日(金)~13日(日)愛媛会場、富山会場、山梨会場のいずれか
決勝リーグ 11月25日(金)~27日(日)千葉会場

 

 おおえのき接骨院 小池

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.25更新

近年介護の世界で「胃ろう」という言葉がよく聞かれるようになった。胃ろうは胃にあけた穴にカテーテルを通し、そこから栄養を送り込む方法で、ペグ(PEG/

経皮内視鏡的胃瘻造設術)といわれることもあります。

今回は、訪問鍼灸リハビリ・マッサージでも関係の深い胃ろうについて説明してい思います☆

1

●「PEG」って何?

PEGとは、percutaneous endoscopic gastrostomyの略で、神経疾患等で嚥下ができない、脳血管疾患や認知症で自発的に摂食できない、

誤嚥性肺炎を繰り返す等の場合に、充分な栄養補給をおこなうため、胃に直接、栄養を入れる方法です。

口から食事がとれない人でもPEGを用いれば、おなかの口(胃ろう)から十分な栄養補給が可能で、鼻からの栄養

補給に比べて、吐いたりムセたりしにくくなるので、肺炎(誤嚥性肺炎)になる危険性も減り、口から食事をとる

訓練もしやすくなります。

 

外見的にも目立たないため、患者さんはもちろんご家族や介護に携わる方の心理的負担も軽減。

不快感も少ないので、自分で抜いてしまう心配も少なく、在宅、施設での管理もしやすいのが特徴です。

しかし栄養摂取が容易になる一方で、高齢で意思確認ができず、予後が

期待できない患者にも胃ろうが作られるケースもあるそうです.

1

終末期に向かう治療として胃ろうは適切なのか-。

家族や介護業界などから疑問が上がる状況となっているのが現状です。

 

次回は胃瘻の導入について紹介させていただきます。

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.24更新

土曜日は仕事が終わっからて藤井先生とあのたぬきの置物で有名な信楽まで、

バイクで行ってきました!

たまに藤井先生と予定が合うとツーリングに行きますが、

今回は滋賀出身の藤井先生プレゼンツの企画です。

 

信楽温泉が目的で、仕事後に急いでいきました。

そして温泉につく頃にはいい感じで日も暮れてきました。


1

甲賀は三重県、信楽は滋賀県なんですね。

 

藤井先生と温泉で裸の付き合いをした後は、

KoKacola

でのどの渇きを潤し帰宅。

1

一時間程で行ける良いところでしたよ!

そして21日に31歳の誕生日を迎えたこの方にプレゼント

山中先生

コーラといったらこの先生です。

なんともうれしそうですね(◇’v`bd*)

 

1 

 

あっ汗肝心の信楽焼き買うの忘れた・・・( ̄Д ̄;;

今回はおおえのき接骨院の鍼灸師2人の隠された一面をご紹介する、

ゆるい感じのブログでございました!

おおえのき接骨院 小池 

 

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.22更新

Freshman Nerve

(新入生の神経)

あまりに細く

そして7%が欠如する。

欠如しても問題はほとんどない。

 

それは先月いったハワイ大学の研究室で起こりました。

私達は研究室で解剖実習を行っていました。

その事件は下肢の解剖中に起こりました。

ハワイ大学の助教授の先生が、

 

「Freshman Nerve」

 

私達に向けてこう言いました。

新入生の神経?

「しまった。」

何か怒らせてしまう悪い事をしてしまったか?

誰もがこう思いました。

ん?

先生は起こってないぞ(゚ω゚*)

 

先生のピンセットの先には・・・

「足底筋」

そう

助教授の先生は

足底筋を指し「Freshman Nerve」といったのでした。

この足底筋というのは、

解剖をやる新人の先生や学生があまりの細さに神経と間違えてしまうそうです。

ゆえに

新入生の神経

と呼ばれているとのことです。

 

足底筋は

筋自体には大きな役割はなく、

強いていえば

動脈や静脈の圧迫を防いだり、足首や膝を曲げる筋肉です。

なお人によって差があり欠如する方もいます。

1

 

ふと思い出したのでブログにアップしました。

自分の目で見て触って確かめる一番の勉強法ですね。

ハワイ大学解剖実習予約殺到しています。

次回は来年の3月9月の2回です。

急いでください。

 

詳しくはこちら↓

 http://www.gipsjyuku.com/dissection/

1

 

おおえのき接骨院 小池

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.19更新

それは静脈瘤かもしれません。

皆さんも一度は聞いたことがあると思います。

静脈瘤とは

1

 

写真の様に足がボコボコした状態です!

これは血液が皮膚と筋肉の間を走る表在静脈に溜まり、

皮膚が膨らんだ状態です。

 

私の担当させて頂いているデイサービスでも

気にされている方は多いです。

しかし私たちの力だけでは治すことが出来ません。

先週ハワイ大学の解剖学実習で見てきたのですが、

この血管(静脈)の中にはハの字をした弁が逆流を防いでいます。

 


1

 

※血管(静脈)の中のハの字を井出先生に表してもらいました。

そのハの字が破たんする事で血液が逆流してしまいます。

その構造を外から直せと言われても私たちには難しいです。

 

そのような場合には、専門医療機関へご紹介させて頂きます。

今回ご紹介させて頂いた患者様も専門医療機関にて適切な処置が行われました。

 

静脈瘤、皆様も注意してください。

進行すると感染し、最悪の場合足切断?までなってしまいます。 

 

おおえのき接骨院 小池

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.18更新

 

現在、日本は5人に1人が高齢者、総人口に占める

65歳以上の割合が2割を超える超高齢社会に突入しています。

高齢期は今や誰もが迎えると言ってよい時代となっており、介護はきわめて身近な問題となり、中でも少子高齢化の進む現在にあって、年老いた人

自身が老親など家族の介護をしなければならないという問題が起きています。今回は「老老介護」について、見ていきましょう。

 

●老老介護とは

要介護者と介護者がともに高齢者で、老人が老人を介護せざる得ない状況が「老老介護」です。

一般的に中高齢の夫婦がお互いの介護すること高齢化した子どもがより高齢化した親を介護する状況などが挙げられます。

 1

医療の進歩による高齢化や出生率低下による少子化の進行、核家族化が進み高齢者のご夫婦のみの世帯数が増えたことなど様々な要因が老老介護の原因となっています。

 

 

●老老介護の現状

 

要介護者等と同居している主な介護者の年齢についてみると、男性では65.8%、女性では55.8%が60歳以上であり、「老老介護」のケースが相当数存在しています。老老介護の問題は、国や地方自治体で多くの支援や対策が講じられるようになり、老老介護の問題が懸念され、最近ではテレビや新聞などでもクローズアップされるようになりました。

 

しかし、介護者の事情が考慮されにくい介護認定や、自己負担の重さなどの問題がある介護サービスなど実情とのずれが指摘されています。

 

また、介護する側に対する支援や対策についてもほとんどされていないのが実情です。

 

TVで取り上げられているように、これから団塊の世代の方たちが退職され

2020年には今よりもずっと介護の現状が厳しくなるでしょう。

 1

そこで、今のおおえのき接骨院の訪問鍼灸リハビリ・マッサージでは

お身体の機能を少しでも維持することを目的にリハビリや鍼やお灸、マッサージを行っております。

また、ご本人のみならずご家族様も一緒に治療を受けていただけますので

お気軽にスタッフに尋ねてみて下さい。

 1

少しでも気になられた方は現在、無料体験を実施してますので、

お気軽にお電話下さいね。

TEL059-370-8160【住吉 本院】

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.17更新

昨日は久しぶりのギプス塾でした。

今回は肩から手の外傷についての講義です。

外傷とは、

骨折や脱臼、捻挫、打撲などのケガの事をいいます。

私たちは、そのケガの処置や施術するスペシャリストです。

 

そのスペシャリストに学校を卒業した後すぐになれるか?

なれません。

私も現場に出てから気づいたのですが、

学校で習った事ほとんど役に立たん(´д`ι)

 

学校の先生は教科書どおりで教えます。

それは国家試験に受かるためなので当たり前なことです。

 

小学校や中学校で習った事が大人になって役に立つのは3割程度ではないですか?

生きていくための知恵は親や先輩方から学びます。

 

それと同じで、

私たち医療の世界でも現場にいる先輩方から学ぶのが一番早いのです。

最短距離でケガのスペシャリストになれるのが、

「ギプス塾」だと私は思います。

ケガのスペシャリストになりたい

そんな先生方と一緒に成長することが出来るギプス塾。

私たちスタッフも先生がたとの交流は大変勉強になります。

 

今期残すは一回!!

来月はいよいよ総まとめのテストです。

緊張感が高まってまいりました(`・ω・´)burn

 

 

 11

 

 

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.13更新

 

前回に引き続き、糖尿病の合併症について紹介させていただきます。

 

 

【糖尿病の症状とは?】

初期のうちはまったく自覚症状がありません。

そのため、いつから病気にかかったのかよくわからない人が多いですが、

「だるい」「疲れやすい」「のどが渇く」「尿の量や回数が多い」

「食べてもやせる」「性欲減退」「勃起不全」などといった症状が現れてきたら要注意です。

 

糖尿病がなぜ恐ろしい病気なのかというと、網膜症、腎症、神経障害の

三大合併症をはじめとするさまざまな 合併症を起こし、脳卒中や心筋梗塞など生命に関わる病気を起こしやすくなるからです。

 1

現代人が陥りやすい不規則で栄養の偏った食生活。

そして、運動不足であるにもかかわらず、つい食べ過ぎてしまう。

このような悪しき生活習慣の代償としてふりかかった災難が糖尿病と

いってもよいでしょう。

 

糖尿病は、慢性の病気であり、しかも全身の病気です。

短期間だけ薬を飲めば治るというものではありません。

ひとたび発症すれば、一生つきあう覚悟が必要です。

 

しかし、糖尿病の人も、ふだん血糖コントロールを十分に行っていれば、

健康な人と同じように日常生活が送ることができます。

糖尿病だからといって特別なことをする必要はありません。

 1

自分の生活習慣をもう一度見直して、食事のバランス、量に注意し、

 

運動を行うことが大切です。

 

いかがでしたか?

特に高齢者の方になると、筋力低下になり運動ができなくなってしまいます。

そんなときにはおおえのき接骨院の訪問鍼灸リハビリ・マッサージを受けてみませんか?

国家資格を持ったスタッフがご自宅まで伺い、リハビリを行って行きます。

無料体験実施中ですので、まずはお気軽にお電話下さいね☆

TEL059-370-8160まで(^_^)v

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア

2016.10.06更新

皆さん、糖尿病のこと知っていますか?

 

今日は訪問鍼灸リハビリ・マッサージの患者さんで多くみられる

「糖尿病」について紹介していきます☆

糖尿病とは?

 

 

糖尿病とはインスリンというホルモンの作用が低下したため、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、

血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態です。

 

膵臓からのインスリンの分泌不足による場合(インスリンが足りない状態)と、

肥満などによるインスリンの作用(効果)が出にくいの場合(インスリンが有っても血糖値が下がらない状態)とが有ります。

(または、両者の組み合わさった状態。)

 

*インスリンとは血糖値を下げるホルモンです

 

 

ご飯、パン、アルコールなどに含まれている「糖質」が消化吸収されると

ブドウ糖」になり血液を介して全身に運ばれます。

 

この血液中のブドウ糖を「血糖」と言います。

 

インスリンは膵臓で作り出されるホルモンで、血糖をグリコーゲンに変えて肝臓に蓄えたり、

筋肉など体を動かすエネルギー源に変えたり、たんぱく質や脂肪の合成を

促進したりと、 血糖をコントロールする働きをもちます。

 

このインスリンが欠乏したりまたは作用が不足したりすると、血糖の

代謝に異常が起こり、慢性的に高血糖値状態が続き

ます。

これがメカニズムですabon

 

 

1

今日は糖尿病について紹介させていただきました。

次回は糖尿病で一番怖い「合併症」について説明していきます!(^^)!

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア