2018.06.14更新

昨日診療後、岩田先生とおおえのき接骨院ゴルフ部の総監督のと一緒に

ゴルフの打ちっぱなしに行きました。

 1

 

そのおかげで今日は肩と左の脇腹が筋肉痛ヾ(;´▽`A``

調子に乗って短時間で120球、

やはり初心者の私にはこたえました。

 

ということで本日はゴルフのスポーツ障害についてflaggolf

 

「Golf」イギリス発祥の紳士のスポーツで、

ボールを飛ばすためスイング動作があります。

スイングは腕を使う動作と体感の回旋動作などが組み合わさって出来ています。

 

しかし度重なる練習で疲労が溜まったり、使い方を間違えると身体の障害に繋がります。

ゴルフ肘と名の付く程痛めやすい肘

身体を捻ることにより起こる肋骨部の痛み

当院にも多いゴルフをやった後の腰痛

さらに腰部に負担がかかると腰を疲労骨折を起こします。

あとは手の骨の骨折などもあります。 

 

総監督も厳しい練習で腰の骨を折ってしまったと言っていました。

しかし障害を乗り越え海外や全日本でのゴルフを経験。

1

1

ゴルフの得意な町田先生!

やっぱりゴルフの障害の事も詳しいです(*・ω・)ノ

皆さんゴルフのケガも私たちにお任せください。

鈴鹿のゴルフ好きの方痛みに悩む前にご相談下さい!

飛距離の伸びる秘策やスコアの安定する秘策もあります^ ^

1

 

岩田先生!

今週の初ラウンド頑張って下さい!!

 

 

おおえのきトータルヘルスケア  小池智晃 

 

 

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア