2017.10.06更新

野球少年少女・監督、コーチへgift

野球肩・野球肘の予防チェック今すぐ出来ます!!gya

1

予防は肩・肘だけではなく身体全体的に見ていくことが大切です。

なぜなら体幹や股関節など肘肩以外の筋肉が硬いと、

土台となる部分が安定しないことで、投球時に腕だけ振ろうとしたりしてしまい肩肘への負担が大きくなります。

そこで今すぐ簡単に出来る体の柔軟性チェックです。

 

脊柱起立筋        医療用語 ⇒ FFD  finger floor distance

大腿四頭筋              ⇒ HBD  heel buttock distance

ハムストリング           ⇒ SLR  straight leg raising 

肩の筋肉                           ⇒ GIRD  glenohumeral internal rotation deficit

 

本日はこの四つです!abonmegaphone

まず①脊柱起立筋~下肢  -FFD-
身体を前に倒し床に指がつかないと背骨の周りにつく筋肉や下肢後面が硬い

 

1

井手先生は悪い例。指が床についてない(;^_^

 

②ハムストリング  -SLR-

太ももの後ろの筋肉です!

仰向けに寝て80°以上いかない子は太ももの後ろが硬い

1

松浦先生ギリギリクリアー

 

③ 大腿四頭筋  -HBD-
うつ伏せで踵がお尻につくか?
つかないと太ももの前がかたいかも!

 1 

仲がいい!笑

 

④肩の後ろ筋肉  -GIRD-

肩の後ろの筋肉が硬いと非投球側と比べ動きが悪くなります。

野球肩や野球肘に直結します。

GIRDは海外アスレチックトレーナーも評価で必ずチェックします!

 1

1

1

投げる側と投げない側両方比べ硬さを比較しよう!

 さすが山口先生柔軟性〇です(・o・)

 

さぁチェックしてみよう!

 1

これらのテストで硬さがあったり、痛みがあったら我慢せずご相談ください。

おおえのき接骨院は野球でのケガ、その後の機能回復に力を入れています。

 1

岩田先生は新たなプログラムを作成中‼︎

おおえのき接骨院 小池 智晃

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア