2017.09.23更新

先日ハワイ大学での解剖実習を終え、

西洋医学というのは世界基準ということを改めて感じました。

1

EBM・・・根拠に基づく医療

という言葉があります。

1990年にカナダのマクマスター大学でDavid Sackett先生達が作りだしました。

客観的な疫学的観察や統計学による治療結果の比較に根拠を求めながら、良心的、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を用い患者様に説明を行い適した医療を提供する

医療に携わる私たちが心がけていることです。

 

EBPという言葉を

海外実習にて学びました。

EBPは経験、直感で行ってきて、病態生理からの推論である仮説に依存していた臨床を、科学的根拠に基づいて患者様の為に行うというもの

1

皆さんも経験豊富だと直感が働きますよね?

その直感は実は根拠にもとづいているのかもしれません。

研究と経験、患者様のニーズに合わせて医療を提供することが出来たら理想的ですね。

私達の会社の理念も

「患者様の人生を診る」です。

ハワイ大学での解剖実習を終え人体の構造を深く勉強させて頂きました。

それと同時に人それぞれのニーズに合わせた治療を行う大事さにも改めて勉強になりました。

勉強したことを現場に生かし、今後も最適の医療を提供できるように努めて行きたいと思います。

ハワイ大学の先生方、御献体をご提供して頂いた方、実習にご協力して頂いた方々に心から敬意と深く感謝を申し上げます。

 1

おおえのき接骨院  小池智晃

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: おおえのきトータルヘルスケア